アフィリエイト 介護と猫と一眼レフ 3月15日・マイネアーシュロッホ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




長年のテンプレの変更の都合上、
記事によっては、続きが
下にたたんである場合があります。


FC2ブログランキング
| スポンサー広告 |
2006-03-15 (Wed)
しっぽ


画像くらいは可愛らしく・・・。



カイロプラクティック万歳!



長年のテンプレの変更の都合上、
記事によっては、続きが
下にたたんである場合があります。


FC2ブログランキング

しっぽ


一週間前に、バイトの研修でハードな運動をしていらい、
微妙に腰痛。

身体が変に緊張してしまって、知らないうちに歯を
食いしばっていたり、肩に力が入っていて、
ちゃんと寝れない・・・。


こ~れ~は・・・自律神経をまたやられたかなと思って、
カイロプラクティックに行くことにしました。




去年、歩けなくなった私を一発で治してくださった名医です。




私は、基本、西洋医学より東洋医学(鍼、漢方、レイキ、などなど)に
傾倒しておりまして・・。

というのも、治るから(笑)

それと、長年、虚弱ゆえに大量の薬を飲んでいたので、
身体が大変なことになっているのです☆

数年前、身体を鍛え、体質改善を図り、
いっさいの科学的な薬を飲まないようにしたら、
軽い麻薬の禁断症状みたいに指が震えたり頭がボーっとしたり
してしまうんですよ~☆

薬を飲まないと、禁断症状!

原因不明のめまいや、あごの間接の溶解とか・・。

そこから離脱するまで地獄でしたよ・・。
薬の大量摂取は、オススメできないす・・・。

もう、とんでもないっす・・。




その点、
漢方薬とかは、何ヶ月も飲み続けなければならないけれど、
胃をやられたりしないし、身体にやさしい。

味も実は嫌いじゃないんだな(笑)
あのハーブっぽい味(笑)



私は高校生のときから、ヘルニア持ちで、
突然、歩けなくなることがあって大変なのですが、
そういうときのも頼りになったのは、
鍼の名医さんやカイロプラクティックでした。



なので、今回も、見て触れば、身体の悪いところは
指一本の単位で示してくれる名医、
兄妹で治療をしていらっしゃる目崎治療院さんへGO~!







目崎治療院というのは、名医ということで紹介してもらい、
年末、ヘルニアで歩くこともできなくなった私を、
たった二分で治してくれて
歩いて帰らせたほどの腕利きなのですが、
そのときにやってもらった治療というのが、
頭の固い日本では「医療行為」として認められておらず、
カナダでのみ認められているという方法だったんです。

それでも一発で治ったんですけど!

その治療法というのは・・・
背骨とそれに付随している中枢神経の緊張を一気にとるため

ケツの穴に指を突っ込んで、
背骨の根元である尾骨に直接アクセスして正しい位置に
戻すというもの。












初めに説明されたときは、ちょっち凍ったね。


ケツ~?!!☆☆☆みたいな。


でもさ、人体図見ながら、先生の説明を聞くと
めちゃめちゃ理にかなってるし、
自信まんまん・・・。

一応、女の子の私にこの治療は~・・ということで
するしないはまかせてくれたんだけど、
妹のほうの先生も、力強くVサインを突き出して、

「二分・・!すっごい痛いの二分ガマンすれば治る!」

てか、この治療を勧める先生方のほうは、
信じて!治るから!痛いけどガマン・・!女の子には辛いだろうけど!
というオーラを出していたけれど、
実は、やりたいことはたくさんあるのに歩けなくなって、
仕事もできない状態に追い込まれていた私には、
ケツだろうと鼻だろうと、治るならなんでもやってという
心持ちだったのよね

もう治るならなんでもやる状態ですよ。


先生は、患者の納得を得ようと、この治療法の有効性を
懇切丁寧に説明してくださったのですが、
実は、私は、「治るならいいです、どぞ☆」って感じで、
説明が終わるや「それで治るんならやるっきゃないです。」
とあっさり承諾。



あまりの答えの早さに先生が戸惑っていた(笑)


いやね、私もハンパ無い人生送ってきたので、
基本、死なないってわかってる
肉の痛みは耐えられます(--)



しかし、さすがにケツの穴に指突っ込まれて
奥の骨をグリ!グリ!とされるのは痛かった!

意識を必死でほかに持っていったのですが、
ほんとに内臓が丸ごとお腹から出ようとしてるような激痛!

親知らず抜かれた痛みが、漬物石なら、
ケツの穴に指突っ込まれて背骨をぐりぐりされる痛みは
子供くらいの大きさの岩石を飲み込まされたような痛み・・。

入れられてるのは指の何本かのはずですが、
感覚としてはゲンコツぶち込まれてんじゃってくらいの
地獄!

親知らず抜く痛みなんて

途中で初めて「もうやめて~!」と叫びそうに・・・。


そんな地獄の二分間が終わったときには、
もう、私はグッタリと治療台に寝そべってました・・。

なんか、先生が声もあげなかった私を
「ガマン強いね~すごいよ!」
「前にやった男の人はぎゃあぎゃあ叫んでたのよ~」
と褒めてくれていたけど、ケツの穴が自由になった開放感と
さっきまでの激痛で、脱力しかできなかったす



でも、その治療のあと、しばらく安静にしてから
「立ってみて?」
と言われておそるおそる立ち上がったら、
それまで動かなかった右足があっさりと動き、
しかも身体が軽い!

も、あまりにも劇的な変化に
うそ~!!!

でした☆



右足をひきずりながら病院まできて、
寝転がるのもきつかったのに、
帰りは軽い春のような足取りで帰っていく自分に、
まさにキツネにつままれたようでしたね。

しかも、今回の治療で、内臓関係の緊張も緩和されるので、
子宮が荒れているので少しづつだけど、生理痛も軽くなるという。
(確かにそうだったんです・・)



激痛をともない、しかも人生初のケツの穴ぐりぐりという
とんでもない治療でしたが、
効果は抜群でした・・。

それに、一度やれば、もう、やらなくて済むということなので、
安心♪


と・・思ったのに




今日、目崎さんに治療を受けて
「先週、激しく縄跳びをしたら・・」と状況を説明すると、
なんだか先生二人が、私の体を触りながら、
「これは・・かわいそうな・・」という雰囲気を
かもし出す・・・。

「これはまた・・」と不吉な言葉・・・。

うつぶせになると、一番、ヤバイ痛みのあるとこを
指で一発でぴっとさわり、
「ああ、またなっちゃった・・。」
と先生は悲痛な声をあげました


もう、そこら辺で諦めましたね。



ケツ再びですよ



あまりに急激な激しい運動で、滅多にないことだけど、
また背骨の位置が、正しくない位置に戻ってしまったそうな

私みたいに、筋肉のささえがまだまだ弱かったりすると余計ね~


そして、初めてのときより長~く地獄をみました・・・。

「緊張状態が・・全然、ほぐれない!」

と先生の言葉が悲愴だったっすね。





激痛のケツの穴に意識を向けると、余計に苦しいので、
地獄の治療の間、私は必死で
荒川選手のイナバウアーを頭に浮かべていました。

ケツに意識がいきそうになったら、
イナバウアーみたいな。


響けトゥーランドットみたいな



そして治療が終われば、今までの腰の痛みは見事に全部消え、
ずっと緊張していた肩や背中からも、
すっかり力が抜けましたとさ。






ありがとう、ありがとうイナバウアー。


| 愛しき日々 | COM(4) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。