アフィリエイト 介護と猫と一眼レフ ☆訃報☆
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




長年のテンプレの変更の都合上、
記事によっては、続きが
下にたたんである場合があります。


FC2ブログランキング
| スポンサー広告 |
2008-12-12 (Fri)
12月15日:今日は、そうちゃんの火葬の日です。

ご両親は、拡張型心筋症のこれからのため、解剖と検査の希望を出されたそうです。
私はそのことに、ご両親がどれだけそうちゃんを助けたかったか・・・。
そして、私心を越えて公のことを考えられる徳をお持ちだということを、
改めて、感じました。

今日は、父や母、祖母や祖父、家族のことを、
いろいろ考えています。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

みなさんのご協力をいただき、
無事に心臓移植のために渡米していたそうちゃんが、
向こうの時間で12月10日・・・息をひきとりました。

みなさんのご寄付ご協力をいただき、渡米もでき、人間の愛情や誠意、
情というものを信じて、ご両親のせいいっぱいの愛情に包まれて。

このブログを通じて募金や告知に協力してくださったみなさまも
たくさんいらっしゃいました。私なぞが恐縮ですが、この場では、
ご両親に代わりお礼を申し上げます。


以降、ご両親のお言葉を転載させていただきます。




長年のテンプレの変更の都合上、
記事によっては、続きが
下にたたんである場合があります。


FC2ブログランキング

両親から皆様へ (2008年12月11日)
皆様へ



アメリカ現地時間の12月10日、朝の9時前から聡太郎の様子が変化し、懸命な治療をして頂きました。しかし、蘇生処置から1時間以上が経っても、心拍の機能が回復せず、9時50分に天国へと旅立ちました。



聡太郎と共に頑張らせて頂くことが出来ましたことを、皆様に心から感謝申し上げます。



今の時点でご報告できることをお伝えさせて頂きます。



聡太郎は最後まで希望を持って治療を受ける事が出来ました。
前日には、移植待機リストのステータスⅠA(最高上位)に登録されました。
脳外科の先生からも2週間待てば、移植が可能であろうと判断されてのことでした。
笑顔も見せてくれていましたが、心臓の機能はギリギリの状態でした。
聡太郎がいつも笑顔を見せてくれていたからこそ、頑張ってこれました。
皆様からの応援のおかげで、聡太郎は最高の頑張り屋さんでいられました。
今度は私たちが、この心の痛みを乗り越えるために頑張る時だと受け止めております。



私たちにとって、聡太郎の移植への希望が心の支えでした。この希望なくして、これまでの6ヶ月はあり得ませんでした。このような結果となってしまいましたが、これまで聡太郎の未来と希望への道を与えて下さいましたことに感謝しきれない思いでおります。



今まで、心臓移植を検討してから、臓器の提供を受けるということがどのようなことなのかを私たちなりに真剣に考え、受け止めようとしてきました。ドナーの方からの提供を待つ私たちでしたが、最後に希望を託したのは聡太郎の角膜がドナー提供され、どこかの地で同じ空を見つめることが出来ればと願いましたが、残念ながら叶いませんでした。聡太郎の疾患では、角膜と心臓の弁の提供が可能であるそうです。しかし、聡太郎の場合、心臓の弁の提供は機能状態から難しく、角膜も共に提供できないと判断されました。



日本では法律の問題や資金の問題など、小児の移植を取り巻く環境は厳しい現実にあります。
これからは法律や移植医療だけでなく、再生医療や心筋症の治療法の研究などを含めた進歩を望むばかりです。



まだ、理性と気持ちとが混乱していて、以上のような内容しかお伝えできない事をお許し下さい。



聡太郎を日本に連れて帰ります。日程は調整をさせて頂いております。



また、ご報告が出来ることは順次させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。



ご支援・ご協力・ご理解を頂きまして、本当にありがとうございます。

2008年12月11日
中澤 啓一郎・奈美枝・聡太郎


| 命のバトン | COM(5) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。