アフィリエイト 介護と猫と一眼レフ アフターコロニーからコズミック・イラへ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




長年のテンプレの変更の都合上、
記事によっては、続きが
下にたたんである場合があります。


FC2ブログランキング
| スポンサー広告 |
2006-07-08 (Sat)
デュオ=マクスウェル


10年前に描いたイラスト







長年のテンプレの変更の都合上、
記事によっては、続きが
下にたたんである場合があります。


FC2ブログランキング




不思議だ・・・。


ただいま、LDでもっていたガンダムWを全話、DVDに
ダビングしている。



大学の入学祝いにLDをもらって以来、
いろいろな大好きアニメをLDで買ったが、
早々にLDの時代からDVDの時代になってしまい、
仕舞いこんである100枚近いLDは、とっととDVDに
ダビングしないと、ただのゴミになる。


さて、10年前の名作「ガンダムW」

私を、遊び人の魅力に目覚めさせた罪深き男、
デュオ=マクスウェルの出演作をダビングしつつ見ていて
不思議に思ったことがある。

今、ガンダムといえば、最新作はガンダムSEED~DESTINYだ。

これと、10年前のガンダム「ガンダムW」を比べると、
まるで正反対の設定なのだ。



ガンダムWでは、主人公たちは、テロリストと呼ばれる。

いつわりの平和を示し、たくみな外交術で
平和ボケしたコロニーを支配していく地球連合への
コロニーの反抗の意思

それがガンダムだった。

事実を知らず、現実の見えない世間の人々の中で、
ガンダムのパイロットたちだけは、世界の真実を知り、
おのれの信念を貫き、偽りの地球の支配と戦う。


ヒロインは、大変、エキセントリックで、父の仇を
自ら撃つため、
「私には、貴方の汚れた返り血が似合います!」
拳銃をぶっ放すお姫様だ。



最新作「ガンダムSEED~DESTINY」では、
逆にガンダムのパイロットたちのほうこそが、
世界の真実を知らず、また信念も持ってはいないとこから始まる。

周りの人間達、世界の中枢にいるものたちのほうが、
世界を知り、
良くも悪くも信念
を持ち、主人公たちを成長させていく。


ヒロインは、戦いには消極的だ。
同じく父を殺されるが、仇を殺そうなどとは
みじんも思わない。
平和を愛し、美しい歌声で人々の心を潤し、また、たくみな
政治戦術も駆使して戦う。





今の世の中、世界の真実を知るテロリスト・・なんて
言葉は決して公で使えるわけもない・・。

自らの信念のため、誇りを持って銃をとる・・

偽りの平和を唱えて世界を手中に収めていく大国に
たった一人で真実を叫び続ける・・。


ずいぶんと皮肉な内容を10年前にやっていたものだと
ゆるい笑みがもれる・・・。




そして、今、最新作のガンダムでやっている内容は
明らかに現在の日本を「オーブ」という国におきかえ、
自立自尊の上での平和を忘れ、
大国に言いなりに敵と示されるものを撃つ日本を描いているが、
見ているどれだけの人が理解しているのか怪しいものだ・・。

戦いたくないと叫びながら、
泣きながら探しながら戦うのが最新作のガンダムの主人公。

そして戦いが厳しくなるにつれて人の心を無くしていく・・。
(のちに目覚めるが・・)

テロリストとして生まれ、戦いに迷いのない主人公が
戦いの中で人の感情を取り戻していく・・。
それが10年前のガンダム。


う=ん・・・。


まあ、アニメだけれど、そのときの時代のニーズに合わせて
作られてるわけだよなあ・・。


なんか、考えるわあ・・・。
| 番外編 | COM(10) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。